出産でバストアップした、つーちゃんの話し

 

私は益若つばさちゃんのファンでいつも追っかけています。益若つばさちゃんと言えば、ファッション界のカリスマと言われ経済効果は数百億円と言われるほどの人気モデルです。そんな益若つばさちゃんに憧れるティーン女性は多くて、私もファッションをかなり真似しているぐらい尊敬しています。そんな益若つばさちゃんは結婚してしまったのですが、子供を産んだ今でもファッションモデルとしてはもちろん、テレビでも活躍していてすごいなと思います。普通は妊娠をしたら太ってしまうのかと思っていたのですが、いまだに細いスタイルを維持したままなのです。しかも細いうえに出産後は、おっぱいも大きくなっていたのです。益若つばさが巨乳になったとネットニュースで取り上げられるほどで、どうやってバストアップしたのか気になっていたのですが、方法としてはやっぱり出産が大きかったようです。いい感じについた脂肪を落としつつ、おっぱいにだけ残したということで、頑張りすぎないダイエットが勝手にバストアップになったのだとか。確かにバストアップしようにもおっぱいの素である脂肪がなきゃ付きづらいというのは納得できます。なので、私も一回恐れずいっぱい食べて脂肪をつけてからダイエットして、益若つばさちゃんみたいにバストアップできるようにしようかなと思います。

 

妊娠中のバストアップについて

普段はCカップの私のバスト。
同じCカップでも、ふっくらと重みのあるバストの人もいれば私のように「え?Cもある?」と疑われるほどのバストの人もいますよね。
そこでこれまでも様々なバストアッップの方法を試してきました。

 

中でも、磯山さやかさんプロデュースのパストアップブラとバストアップクリームは最も効果を実感できた商品だったと思います。
けれど、念入りに続けている時は実感もしやすいのですがだんだん飽きてくるとすぐに元通りに…
維持するのって大変ですね。

 

ところが現在、私のバストは大幅にアップしているんです!
なぜかというと、実は現在妊娠中で大きくなっているんです。
正直、期待していたほどは大きくなりませんでしたが、妊婦仲間の中には全く変わらずという方もいたのでまぁ、満足です。
妊娠中のバストアップの感覚というのは、おそらくカップは上がっても1サイズくらいではないかと思います。

 

大きく違いを感じるのは、「重み」です。

 

張っていることも原因ではありますが、お椀型に綺麗に重みがあり「おっぱい」というのにふさわしいような触りごこちです。
そして今私は、この妊娠中に必要なこととして日々、おっぱいマッサージを念入りに続けています。

 

これは、産婦人科から母乳が出やすくなるために指導してもらうものなのですが、なかなかこんなに念入りに継続する機会はないですよね。
よく、子供を産んだら垂れると言いますし、赤ちゃんがおっぱいを吸うわけですから現実問題、維持するのは難しいかもしれません。

 

けれど、一人では頑張れないことも赤ちゃんのためだと思うと頑張れそうな気がします。

 

最近は芸能人やモデルさんでも出産後も綺麗な体型を維持している人がたくさんいるので、
私も、せっかく大きくなったバストをこのまま少しでも維持できるように努力してみようと思います。

 

アラサーの美容武勇伝|モテるための情報まとめ