ダイエットはバストアップの妨げに?

ダイエットバストアップ

ダイエット…1度はした事がある人も多いのでは?理想のプロポーションに近づく為に毎日辛いダイエット生活…なんて人もたくさんいるでしょう。そう、女性なら痩せたいと常日頃思っているはずです!ですが、ちょっと待って下さい。

 

ダイエットという事は体重はもちろん、脂肪も落とす、という事ですよね?まずいです。特にバストが寂しい方…おっと失礼、バストが可愛い方はそのダイエット、本当に必要かもう一度考えた方がいいです。いいですか?胸は何で出来ているか知っていますか?えっ?夢?…そうだと言いたい所ですが、正解は脂肪です。知っていましたよね。

 

そう、胸のほとんどが脂肪でできています。つまりダイエットで脂肪を落とすという事は、同時に胸の脂肪も落ちてしまう、という事なんです。ダイエットをしていたら、減って欲しいところはなかなか減らないのに、胸ばかり減っていく??なんて事、経験ありませんか?ダイエットをするな、とは言いません。

 

しかし、ダイエットはバストアップの妨げになる可能性があるという話です。ですが、痩せているのにバストが大きい、なんて人もいますよね?あれは胸にだけ脂肪が溜まっている、というのではもちろんなく乳腺が発達しているからなんです。

 

逃げたお肉を取り戻せ!

私はバストアップ関連の商材を取り扱いしております。
一つは補正下着です。
補正下着を取り扱うに辺り、バストが下がるメカニズムを勉強致しました。

 

そのメカニズムを利用して逆にバストを上げれば良いのだなと思いました。
先ずは、ブラジャーの肩紐がポイントになります。
肩紐で血液とリンパの流れを滞らせてしまいます。

 

同様にブラジャーを留める胸回り部分も血液とリンパの流れを滞らせます。
証拠に肩紐、胸回りのブラジャー周辺に段差が出来ます。

 

この現象により本来のバストのお肉は背中、二の腕、お腹へと流れて行ってしまいます。
この現象を解決するにはキチンとした自分の下着のサイズ、カップの大きさを把握するところから始めすのが良いと思います。

 

そして、肩紐、胸回りに圧力をなるべくかけずに、お餅のようよな女性のお肉をブラジャーへ収納すればこれまでのカップより2カップ位は大きなバストを手にいれる事が出来る事でしょう。
圧力かけないことにより、血流とリンパの流れも良くなります。
更に下着に使われている繊維にもこだわることも重要です。

 

筑波大学とパナソニック社が共同開発したAPファイバーと言う繊維は血流の流れを良くするために特化した繊維です。
この様な繊維が使われた下着を一日中身につけて毎日を過ごしたらたった一週間でも下がらないバストを手に入れる事が出来ると思います。

 

TOP⇒アラサーの美容武勇伝|モテるための情報まとめ